先方の家族構成を考えて快気祝いを贈りましょう

お世話になった方に贈り物をする時、品物を決めるのも大事ですが先方の家族構成を考えないといけない時代になりました。
以前はそうでもなかったのですが、少子高齢化などもあり核家族やひとり暮らしの方が増加しています。
快気祝いを贈る場合も同じです。
入院や自宅療養をしていて見舞って下さった方にお礼の気持ちを込めて快気祝いを贈るのですが、先方が何人家族であるかや年齢などを考慮し品物を決めると良いでしょう。
また若い方のひとり暮らしであれば食品のギフトや近頃ではカタログギフトも喜ばれます。
高齢の方のひとり暮らしは賞味期限が長めで開閉がしやすく軽量で手間のかからない食品や洗剤・石けんが喜ばれます。
家族構成が違えば生活の仕方も変わります。
先方のあり方を思い快気祝いを選びましょう。